>

わかりやすい違い

大きさ

特殊免許は、普通の自動車に加えて特殊な自動車の運転も可能になる免許証のことです。
ですので、大型なバスなどの運転ができるようになるのです。
取得した特殊免許の種類にも運転ができるようになる自動車は変わってきます。
見た目で1番わかりやすいのは、自動車の大きさでしょう。
普通免許で運転できる自動車の大きさは制限があります。
それよりも大きな自動車を一般道で運転するためには、大型自動車のための特殊免許が必要です。
バスの運転手などになるためには、この特殊免許が必須となります。
他にも、大型トラックの運転にも特殊免許が要ります。
同じ自動車だからと言っても、規制などのルールが普通の自動車とは違ってきますので、注意しましょう。

特殊な形

特殊免許が必要な自動車には、他にも農業車やショベルカーなどがあります。
意外かもしれませんが、農業車やショベルカーも一般道を走ることがあります。
また、普通に操作するにも免許があった方が良いでしょう。
農業車やショベルカーが自動車に分類されると知らない方が多いかと思います。
こういった特殊な自動車には、それぞれの規制やルールがあります。
自動車だと思わずに運転していると、事故になりかねません。
事故になってしまってからでは遅いですので、農業車やショベルカーなどの特殊な自動車を運転する際には、特殊免許の取得を強くおすすめします。
普通の自動車を運転する際でも、特殊な自動車と道で出会ったときなどに焦ることなく対処できるかともいますので、取得しておいて損はないでしょう。


この記事をシェアする